シリコンバッグのページ

シリコンバッグとは

豊胸手術では、シリコンバッグを胸に埋め込む方法が一般的となっています。シリコンバッグの他に、生理食塩水バッグなどの違う方法も利用されています。

違いとしては施術後の胸の感触や見た目、ケアの方法などが挙げられるでしょう。

リスクを知っておこう

シリコンバッグや生理食塩水バッグといったものを胸の中に埋め込む場合、中でバッグが破損してしまうことで液漏れが生じてしまう恐れがあります。こういった場合、元の胸の形が崩れてしまうという危険性があります。

豊胸手術を受けた際には、定期健診を必ず受けるなどしてバッグの状態を常に良好に保っておくことが重要となります。

定期的な健診を怠ってしまうと、様々な問題が起こる確率が上がってしまうのです。手術前には医師の説明をしっかり聞いて相談するのがよいでしょう。

メリットもおさえておく

シリコンバッグを利用する際の大きなメリットを挙げるのであれば、自分の好みに応じた胸のサイズや形に変更できるということがあるでしょう。

今よりももっとスタイルを良くしたいという方には大きな魅力だと言えるのではないでしょうか?女の人だけではなく男性が女性に生まれ変わりたいと思っている場合にも利用されています。

豊胸手術の場合には傷痕が消え、目立たなくなるまでは服によって隠せるというメリットがあります。薄着になる夏に間に合うように考えて美容外科で豊胸手術を受けたいですね。

大幅にバストアップさせるには美容外科でのシリコン豊胸

女性の悩みの1つに、バストサイズの小ささや左右の大きさの違いがあります。これらを地力でケアするのは難しいので、美容外科での豊胸施術を受けるのが有効になります。豊胸施術はヒアルロン酸注入法、脂肪注入法、シリコンバッグ挿入法の3つが主流になっています。

この中で大幅にサイズアップさせたい時には、シリコンバッグ挿入法がおすすめになります。シリコンバッグ挿入法は1度の施術で1カップから3カップまでサイズアップすることが期待できます。さらに施術を行えば、その効果が長期間キープできるのも大きな魅力になります。

美容外科クリニックで人気の豊胸

美容外科クリニックでは、顔や体のあらゆる悩みに対する治療が行われていますが、女性に人気がある治療の一つに豊胸があります。豊胸では、とにかくバストを大きくしたいという人だけに利用されているものではありません。左右のバストの大きさを揃えたいという場合、外科手術をしなくても注射でヒアルロン酸などを入れるだけの手軽な方法もあります。

また、授乳によってしぼんだバストにハリを取り戻したいという場合には、バスト上部に注入することができたり、谷間を作りたいというのであれば、バストの中心側に集中して入れるなどの形のデザインもできます。

vaserを応用させた豊胸術

無理な食事制限や運動によるダイエットは、健康への影響が懸念されると共に、リバウンドの原因ともされています。よりリスクを軽減するために脂肪吸引による施術を取り入れる方も多く、近年ではvaserと呼ばれるレーザー技術が利用された脂肪吸引に注目が集まるようになりました。

従来の方法と比較すると、痛みや出血量が抑えられるなどのメリットが多く、また、取り除かれた脂肪が豊胸術に応用できるとして、併用した整形手術を希望する方も多く見受けられるようになっています。痩身と豊胸が同時に叶えられる画期的な方法として、広く知られています。