幅広い世代の豊胸

幅広い世代の豊胸

豊胸はメジャーになるつつあるのではないでしょうか。

従来の豊胸術では切開しないといけないため、ある程度の痛みや危険性が付きまといます。しかし、最近では切開しないで豊胸する方法がたくさん開発されています。

そのため、手術の様な大げさな整形ではなくなったのではないでしょうか。

豊胸を行うのは若い女性だけではなく、既婚で子供が生まれて体型が維持できなくなったので豊胸を行おうという人もいるようです。最近ではこのように幅広い世代の女性が豊胸を行っています。

美容外科で豊胸に挑戦してみよう

バストに悩みを抱えている女性のための豊胸施術は、美容外科でも人気の治療となるのですが、大きなバストを手に入れるだけではありません。特別大きくしなくても、出産や授乳によってしぼんでしまったバストに若々しいハリを出したいという場合や、離れたバストに谷間を作りたいという場合、左右のバストの大きさを揃えたいという場合にも活用されています。

一気に大きなバストにしたいのならばシリコンバッグの挿入が向いていますが、ヒアルロン酸注入であれば注射で入れるだけなのでとても手軽です。中心だけでなく必要な部分を選んで入れることができるというメリットもあります。

様々なタイプが存在する豊胸術

豊胸術では、仕上がりのサイズや形を自分の希望に沿って調節できるため、バストに対するコンプレックス解消に役立ちます。また、シリコンバッグを挿入する手術やヒアルロン酸を注入する手術、自分の脂肪を注入する手術など、様々なタイプが存在し、自分に合ったタイプを選択できます。

なお、自分の脂肪を注入する場合、ウエストや脚など、太さの気になる部分に存在する脂肪を吸引できるので、体型のスリム化とバストアップを同時に行えるというメリットがあります。豊胸術は全国の美容外科で行われており、事前にカウンセリングも受けられるので、気になる点などは気軽に質問できます。

豊胸手術をするための美容外科の選び方

豊胸施術には色々な方法がありますが、美容外科によって行っている施術に差があり、シリコンバック挿入法を得意としていたり、ヒアルロン酸注入法を専門にしているクリニックもあるので、希望する施術によって選ぶといいとされていますが、よく相談したうえで決めたい場合は、担当医と相談するといいです。

大手美容外科では、無料で相談や見積もりを出して貰えるところも多いので、それらを参考にするのも手ですが、施術を担当するドクターも重要で、経験が豊富なドクターは施術の引き出しが多いので、患者の要望を聞いてから、色々な選択肢を提案してもらうことが可能です。

vaserが併用される豊胸術

近年、数多くの美容整形に関する施術が開発されている中、特に注目が集められている施術がvaserと呼ばれる脂肪吸引の方法です。レーザーの技術が利用され、身体の血管や細胞壁を傷つけることなく、より多くの脂肪が取り除ける施術として、広く取り入れられるようになりました。

除去された脂肪は、そのまま豊胸術へ応用させることが可能とされており、身体へのリスクを軽減しながらも併用した美容整形が受けられるとして人気です。施術時間やダウンタイムも短く済ませられるため、普段忙しく過ごしている方にとっても気兼ねなく受けられます。